読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆらゆら日本酒ライフ in 名古屋

日本酒についてのあれやこれやを ゆらゆらと書いています

おつまみ * 菜の花おひたしアレンジ

お酒のあて・おつまみ

確定申告の季節ですね。。
夏休みの最後に、やらなきゃいけない宿題を、必死にやったことを思い出す。。
でも明日は、犬山の日本酒イベントに行くため、頑張りました!
やっと終わって、すっきり♪

すっきりしたら、小腹へったので、おつまみネタブログいくよ!

先日、知人にお家で栽培してる菜の花を、おすそ分けしていただいきました♪
もう春なんだなぁ〜。
f:id:Tag-arch:20170310234032j:plain

本日は「菜の花おひたし」いろいろアレンジでいきます!

まずは、茹でるところからいきますよ。
水にお塩を一さじ入れて、お湯を沸騰させ、茎の硬いところを入れ1分弱。
f:id:Tag-arch:20170310234033j:plain

そのあと、葉まで全部入れて、さらに40〜50秒くらい。(菜の花の太さとかで調整してね)
f:id:Tag-arch:20170310234034j:plain
茹で汁、あとで使うから、残しといてくださいね!

茹で過ぎると、歯ごたえがなくなるというか、ベッチャリします。
ご用心。

お湯から出したら、すぐに冷水に浸けて、熱をとります。
色出しのためと、余熱で ベッチャリさせないためです。

熱がとれて、冷たくなったら、水気をよくとります。
手で絞ったあと、キッチングペーパーを使って、さらに水分をとると良いですよ。
水気が残ると、浸け汁やタレが薄くなります。

3〜4cm幅の食べやすい大きさに、カットします。
f:id:Tag-arch:20170310234037j:plain

ここまでが、おひたし下ごしらえ。
まあ、茹でて、切っただけですけどねw
でも、大事!下ごしらえ!

菜の花おひたし カラシ和え

菜の花おひたしの the 定番!、ですね。
f:id:Tag-arch:20170310234048j:plain

浸け汁、作ります。

  • 茹で汁  100ml
  • 白だし  大さじ1
  • 砂糖   大さじ1
  • 醤油   小さじ1
  • からし  お好みで

菜の花は、4本くらい使いました。

菜の花の茹で汁、旨みがあるので、捨てるのはもったいないです!
なので、残しておいて、漬ける出し汁に使います。
f:id:Tag-arch:20170310234035j:plain

からしは、辛さの好き嫌いがあるから、お好みでどうぞ。
f:id:Tag-arch:20170310234036j:plain
菜の花の苦味と、からしの香りと味が合いますよね〜。

浸け汁が冷たくなったら、菜の花入れて、冷蔵庫で15〜20分寝かせます。
f:id:Tag-arch:20170310234038j:plain

かつお節をかけて、完成です!
f:id:Tag-arch:20170310234048j:plain

面倒だなって思ったら、ポン酢やドレッシングに、粒マスタードを入れて、混ぜ和えるだけでもOK
洋風カラシ和えみたいな感じになって、美味しいです♪

すっきり系のキレの良いお酒に合います!

 

菜の花おひたし 味噌マヨ和え

マヨネーズにお味噌を混ぜて、コクとまろやかさをプラスします!
f:id:Tag-arch:20170311214040j:plain
味噌は発酵食品だから、日本酒にもよく合いますよね〜。

和えるタレを作ります。

  • マヨネーズ 大さじ2半〜3
  • 味噌    小さじ1
  • 砂糖    小さじ1
  • ハム    2枚

菜の花は、3〜4本くらい使いました。

マヨと味噌、砂糖を入れて、混ぜます。
f:id:Tag-arch:20170311215225j:plain

ダマがなくなるように、しっかり混ぜましょう!
f:id:Tag-arch:20170311215406j:plain

短冊切りにしたハムを投入。
f:id:Tag-arch:20170311215527j:plain
辛いの好きなので、一味唐辛子も入れました。
豆板醤を加えても、美味しいですよ♪

菜の花を加えて、全体的に混ざったら、出来上がり!
f:id:Tag-arch:20170311214040j:plain
今回は、ハムを入れましたが、茹でたササミを入れても◎

ちょっとコッテリしてるので、濃厚、旨口の日本酒とどうぞ!

菜の花おひたし クリーミー白和え

見た目は、さっきのマヨ和えと似てますね笑
f:id:Tag-arch:20170310234049j:plain
若干、レベルアップメニュー。
でも、お豆腐を潰したりするのが、ちょっと手間なだけです!

和えるタレを作ります。

  • 絹ごし豆腐 1/2丁
  • 練りごま  大さじ1
  • 醤油    大さじ1
  • 砂糖    大さじ1
  • 白だし   小さじ1

お豆腐の上に、平らなお皿とかで、重石をして、水気を抜きます。
30分くらい。
f:id:Tag-arch:20170310234039j:plain
写真は、一丁分を使ってます。

フードプロセッサーに、スプーンで細かくしながら、入れます。
f:id:Tag-arch:20170310234040j:plain

1分くらい混ぜると、トロトロのクリーミー豆腐に♪
f:id:Tag-arch:20170310234041j:plain
ためしてガッテン!」でやってたんです!
フードプロセッサーで混ぜることで、閉じ込められた状態にある「大豆の油」が外に出て、コクが増し、クリーミーになるそうです。
味が濃くなる感じがして、美味しいです♪

フードプロセッサーない場合は、こし器でこしたり、すり鉢で潰しても、OKです。

先に調味料をよく混ぜて、ダマがないようにします。
f:id:Tag-arch:20170310234043j:plain
練りごまの代わりに、すりごまとごま油で代用しても良いと思います。
でも、できれば、練りごまの方が、クリーミーさが出て、美味しいです。

よく混ざったら、豆腐を投入。
混ぜます。
f:id:Tag-arch:20170310234045j:plain

この間、細切りにした人参を10分くらい茹でておきます。
f:id:Tag-arch:20170310234046j:plain
湯に少し、白だしを入れておくと、下味がついて良いですよ。

人参を冷ましてから、菜の花とタレに入れ、混ぜます。
f:id:Tag-arch:20170310234047j:plain

すりごまをかけて、完成!
f:id:Tag-arch:20170310234049j:plain

クリーミーでコクがあるので、旨みもあるけど、すっきりした日本酒に合うと思いますよ♪

菜の花つまみに、一杯。
春の幸せの一つですね♪