ゆらゆら日本酒ライフ in 名古屋

日本酒についてのあれやこれやを ゆらゆらと書いています

おつまみ * レンチン蒸し鶏

降ればどしゃ降り。
最近の空模様は、そんな感じですね。
局所的にドバーッと降る!
一気に雨量が上がるからか、電車が止まったり、遅れたりで往生しますね。。
天気に文句言っても仕方ないけど、もうちょっとまんべんなくでお願いしたいものです。

さて、今日はレンジで簡単にできる蒸し鶏をご紹介!
蒸し鶏はスライスして、常備しておくと、さっとおつまみ一品作れるので便利です♪

鶏むね肉のレンジで簡単 蒸し鶏

f:id:Tag-arch:20170817213629j:plain
あっさり淡泊な鶏むね肉は、食欲のない時でもいけますよね~。
夏バテ気味なこの季節にもおすすめ!

材料

  • 鶏むね肉   1パック(約300g)
  • 酒      大さじ1
  • 塩コショウ  適量
  • ローリエ   1枚(お好みハーブでOK!タイム等)

鶏むね肉の表裏、両側ともに、塩コショウをします。
時間があれば、30分くらい置いておくと、より味が浸み込んで良いです。
f:id:Tag-arch:20170817213423j:plain

酒大さじ1を振りかけて、ローリエやタイムをのせます。
鶏肉の臭みとりのためです。
f:id:Tag-arch:20170817213418j:plain

蓋をして(ラップでもOK)、レンジで2分チン。(500w)
f:id:Tag-arch:20170817213413j:plain

半生な状態になってます。
f:id:Tag-arch:20170817213407j:plain

ひっくり返します。
蓋をして、さらにレンジで2分チン。(500w)
f:id:Tag-arch:20170817213401j:plain

心配性な私は、さらにひっくり返して、レンジで1分チン。(500w)
小さめの鶏肉なら、この最後のチンはいらないと思いますw
10分ほど冷ましつつ、放置し、余熱でも火が通るようにします。
f:id:Tag-arch:20170817213518j:plain

一度、真ん中辺りで切って、ちゃんと火が通っているか確認しましょう!
f:id:Tag-arch:20170817213515j:plain
白くなっていれば、ok!

冷め過ぎると、パサついてカットしづらくなるので、温かい内にスライスしちゃいましょう!
完成 ♪
f:id:Tag-arch:20170817213629j:plain
冷蔵庫で3〜4日は持つので、いろんなソースやドレッシングかけて、サラダやおつまみに使えます!
そこで、お勧めソースを2つ。

 

1:和風トマトドレッシング

材料

  • プチトマト   10個
  • 大葉      3枚
  • お酢      大さじ1
  • オリーブ油   大さじ1
  • 麺つゆ     大さじ1
  • 醤油      小さじ1
  • 塩コショウ   適量

トマトを切ります。
くし切りで4つにします。
f:id:Tag-arch:20170817213525j:plain

お酢、オリーブ油、麺つゆ、醤油を混ぜ合わせます。
f:id:Tag-arch:20170817213528j:plain

そこに、カットしたトマトとみじん切りにした大葉を入れます。
f:id:Tag-arch:20170817213522j:plain
よく混ぜて、塩コショウでお好みの濃さに、味を整えてください。
塩コショウなしの状態だと、やや薄味な感じにしています。
塩分を気にするお年頃w

蒸し鶏にぶっかけて、さっぱりと召し上がれ〜♪
f:id:Tag-arch:20170817213625j:plain
大葉とトマトで、爽やかなドレッシンです。
豚しゃぶなんかにかけても、美味しいです!

日本酒だと、酸味のあるタイプや、キレのある旨口タイプが合うと思います!
前に載せた「志田泉」とか良さそうです♪
sake-life.hatenablog.com

2:味噌マヨソース

材料

  • 味噌      大さじ1
  • マヨネーズ   大さじ2
  • 砂糖      小さじ1
  • ラー油     適量
  • ゴマ      適量

味噌とマヨネーズ、砂糖、ラー油を混ぜ合わせます。
f:id:Tag-arch:20170817213622j:plain
ラー油は辛いのが苦手な方は、ごま油で代用してください。
辛いのが好きな方は、さらに豆板醤を足してもいいかも!

最後にゴマを振って、完成!
f:id:Tag-arch:20170817213618j:plain
ゴマは指で潰しながら、加えるとより香りが出てお勧め。

こってりのマヨソースと淡泊な蒸し鶏が合う!
f:id:Tag-arch:20170819163632j:plain

蒸し鶏以外にも、キュウリやセロリなんかのスティック野菜につけても美味しいです。
f:id:Tag-arch:20170817213615j:plain
ビールももちろん合いますが、日本酒だったら、コクのあるどっしりしたものや、旨味のしっかりしたタイプが合うと思いますよ〜。

他にもゴマだれで、棒棒鶏風にしたり、塩レモンつけて食べたり、鶏むね肉自体があっさりしているので、アレンジもしやすい一品です!

 


 

今宵の一本 * 加茂錦(かもにしき)

暑い日が続行中、夏。
夏風邪をひいて、回復したと言いましたが、咳だけがしつこく尾を引いています。。
それもだいぶ治まってきましたが、先週末に会った友達も、夏風邪からの咳に悩まされているそうで、咳風邪流行ってるのかな?
その友達は咳のし過ぎで、肋骨にヒビが入ったそうです。。怖い。。
この暑いのに、胸部にコルセットを巻いて、辛そうでした。
皆様も夏風邪にはご注意ください!

今宵のお酒は、夏に爽やかな日本酒♪

加茂錦 紅桔梗 ver.5 50%精米

f:id:Tag-arch:20170809223840j:plain
この荷札風ラベル、味があって良いですよね。
同じ荷札酒でも、こちらじゃなくて、黄水仙 ver.4」は以前にも飲んだことあって、穏やかなお酒だな~と思っていたのですが、今回の「紅桔梗 ver.5」はまた印象が違って、攻めてるな~と感じるお酒でした!

加茂錦酒造

新潟県加茂市にある酒造さんです。
新潟は米所で、水も良いから、美味しい日本酒を造る酒蔵さん多いですよね~。
加茂錦酒造株式会社 | 加茂錦酒造はいまの食卓に合う日本酒を目指しています。
明治26年(1893年)創業、地元加茂市を代表するお酒!

加茂錦酒造は 伝統的な酒造りをもとに いまの食卓に合う 日本酒をめざしています。
引用元:https://kamonishiki.com/about/

時代とともに段々と変わりゆく、日本の食卓。
今は和食だけじゃなくて、洋風だったり、アジアンだったり、いろんなお料理が食卓に並びますよね。
それと同時に、合わせるお酒もビールやチュウハイ、ウィスキーと選択肢が増えました。
贅沢で、良い時代に生まれたな~!と個人的には幸せですが、日本酒業界としては、なかなか難しい時代なのかもしれませんね。

この加茂錦さんは、そういう「いまの食卓」事情を踏まえて、多様化した食生活の中で、どのようなお酒がおいしく飲めるのか、日々研鑽を重ねているそうです。
伝統的なものを変えていくって、とても大変だし、勇気がいることだと思う。
それでも、チャレンジしていく!素晴らしい!!

 

上でも書きましたが、初めて飲んだこの「紅桔梗 ver.5」が美味しかったので、今回ご紹介するお酒はこちらにしました。
f:id:Tag-arch:20170809223828j:plain
「しぼりたて 瓶火入れ」
飲み口、少し発泡感もあって、とてもフレッシュな印象。
柔らかな甘みと、わりとしっかりした旨味、そして爽やかな酸味がバランスよくまとまっています。
香りは穏やかで、フルーティさも感じます。

f:id:Tag-arch:20170809223823j:plain
裏のラベルにもありますが、冷蔵庫で冷やして飲むのが美味しいお酒ですね。
なんかラムネっぽい爽やかさなので、冷えていた方がより美味しいと思う。
やや甘めなので、辛口厨の方にはあまりお勧めしません。
だがしかし、幅広く日本酒を楽しまれてる方には、大推薦の一本です!

f:id:Tag-arch:20170809223834j:plain
加茂錦さんのこのタイプのラベルを使用した銘柄は「荷札酒」といって、若い造り手さんたちが醸した新しいタイプのお酒。
つまり、チャレンジしてる銘柄なのです。

フレッシュ感と柔らかさのバランス、抑えめの甘さ、食べ合わせの広さ、飲み飽きしないところが特徴です。
引用元:https://kamonishiki.com/products/

現在、大都市圏の専門店にて買うことができます。
通販はやってないそう。
ちなみに私は、「Shusendo mini」さんで購入しました!
shusendomini.net

フレッシュで爽やか、この季節にぴったりなお勧めの日本酒です!

 


 

八月の日本酒イベント in 東海(名古屋近郊)

暑い!
暑い日が続きますね〜。
ついつい、冷たいものを飲み過ぎてしまいます。
挙句にエアコン付けっぱなしにして、風邪ひきました。。
バカしかひかないらしい、夏風邪。。

もうほぼ治ったので、早速飲みに行きたい気分ですw
日本酒のイベント、八月もいろいろと、私が行きたいな~とチェックしてる情報をまとめます!

小料理Bar結&アリサワ酒造★文佳人で夏祭り! 8/5(土)

f:id:Tag-arch:20170730214640j:plain
名古屋市中区錦にある「小料理Bar 結(ゆい)」にて開催されるイベントです。
小料理Bar結&アリサワ酒造★文佳人で夏祭り!
参加費 3,500円、16時〜20時で、立ち呑みスタイルでの開催!
「全てのお酒をお愉しみ頂けます」とのことなので、飲み放題なのかな?
※おつまみ別途キャッシュオン(500円)
中区錦3丁目3番24号第2桜ビル7F

市之倉 ビア&冷やガーデン 8/5(土)、8/11(金祝)、8/12(土)

f:id:Tag-arch:20170731140525j:plain
岐阜県多治見市にある「市之倉さかづき美術館」にて開催!
www.sakazuki.or.jp
生ビール&冷酒を楽しめるイベントです♪
ジャズの生演奏や大道芸もあって面白そうですね~。
席チャージ 1人1000円(1ドリンク付き)要予約制
事前に予約してくださいね!
美術館自体も面白そうだし、多治見観光がてら行ってみたいイベントです!
www.sakazuki.or.jp

肴糀醸 やしろ おかげさまで一周年 『奉納の宴』 8/6(日)

f:id:Tag-arch:20170730215544j:plain
新栄にある「肴糀醸 やしろ」さん主催の一周年イベント!
おかげさまで一周年 『奉納の宴』
今回は店舗ではなくて、中区栄にある「レンタルスタジオ スタスタ」で開催するようです。
www.stand4.jp
地下鉄桜通線久屋大通駅」下車 徒歩約5分。
キッチン付きのレンタルスタジオ、そんなのあるんですね〜。
参加費3,000円、14時半〜21時
周年のお祝いなので、一度でもよいのでご来店いただいた方を対象としているそうです。
行ったことがない人も、来店したことある人と同伴ならOKなようですよ。
以前にこのブログでも紹介したことのある「肴糀醸 やしろ」さん。
楽しみなイベントですね〜!
sake-life.hatenablog.com

金虎酒造 酒蔵&浴衣 Jazz パーティ2017 8/11(金祝)

名古屋市北区にある「金虎酒蔵」さんで開催されます。
f:id:Tag-arch:20170731141900j:plain
地下鉄名城線ナゴヤドーム前矢田下車。
地下鉄で行けるのは、楽だし良いですね~。
JRの大曽根駅からも徒歩約15分で行けます。
金虎酒造株式会社
浴衣を着て、心地よいジャズとともに、日本酒を一杯って、粋な夏の宵ですね~!

開場:12:00
終了:17:00(予定)
ミュージックチャージ:1,000yen(当日券のみ、20歳未満無料)
「酒蔵&浴衣 Jazz パーティ2017」

Sake × Ethnic 日本酒とエスニック 8/15(火)

中区栄の日本酒バー「ELLAS」さんにて、エスニック料理と日本酒のペアリングイベントを開催
f:id:Tag-arch:20170731144436j:plain
エスニック料理と日本酒って面白い組み合わせですね!
インド・タイ・ベトナム・中国・韓国、異国MIXなコース料理に合わせて、日本酒がセレクトされるそうです♪

19時〜21時半
会費 7,500円(お食事・お酒・TAX込)要予約制
Sake × Ethnic 日本酒とエスニック

日本酒バー「ELLAS(エジャス)」さん、地下鉄は矢場町駅」が最寄りのようです。
普段は紹介制のお店のようなので、こういう機会に行ってみたいな~。

ELLAS

食べログELLAS

続きを読む

杉原酒造

この間の大雨以降、雨もあまり降らず、晴れたり曇ったりの日が続いてますね。
週末に数人の友人たちと、岐阜県揖斐郡にキャンプに行って来ました。
コテージを借りたので、テントではないですが、自然を満喫できて、気持ち良かったです♪

せっかく、揖斐郡に行くのだからと、みんなにお願いして、寄ってもらいましたよ、「杉原酒造」
f:id:Tag-arch:20170720001651j:plain

杉原酒造

「日本一小さな酒蔵」、そして人気銘柄「射美(いび)」を造っている酒造さんです。
岐阜県揖斐郡大野町にあります。
www.sugiharasake.jp
明治25年創業、従業員数2名の小さな蔵元。
親子でやってるそうですよ。

地元農家と契約し、本来この地域では育てるのが難しい酒米を、試行錯誤の品種改良を繰り返すことで、オリジナルの酒米「揖斐の誉」を生み出すことに成功させたそうです!
横殴りの雨風にも耐えられ、米の中心の心白が大きく、かつ地元の水に合う「揖斐の誉」
五代目の奥様の名前から一字いただいたそうです。
愛妻家ですね~!

五代目の杉原慶樹さんが目指すのは、「水に合った、米に合った、地元に合った 酒造り」
地元で採れたお米で、近くを流れる「揖斐川」の伏流水を使用し、造るお酒。
酵母も独自の蔵付き酵母を使用し、これぞまさしく、「とことん地元にこだわった真の地酒造り」

五代目慶樹さんは、大学卒業後、海外青年協力隊でミクロネシアで2年間過ごした経験があるそうです。
そこで日本人が守るべき仕事に見えた「酒造り」を受け継ごうと決意。
外に出て、初めて内が見えたりするものですよね。

蔵の改装もご自分でされたそうですよ。
何から何まで、手作業。
こだわりを貫いています!

そのこだわりをさらに詳しく知りたい方は、Youtubeでどうぞ!

日本一小さな酒蔵
2012年に大垣ケーブルテレビが取材したドキュメンタリーです。
日本ケーブルテレビ大賞受賞したそうですよ!

 

今回は、蔵見学はやっていないそうので、外から見ただけです。
f:id:Tag-arch:20170720001647j:plain
もう少し中も見たかったけど、連絡して行ったわけでもないので、遠目から見るだけにしました。

道を挟んですぐそばに小売部の「冨久屋(ふくや)」さんがあります。
f:id:Tag-arch:20170720001658j:plain

中のお店では、手作りパンの販売もされてましたよ。
f:id:Tag-arch:20170720001654j:plain

残念ながら、こちらでは「射美(いび)」は買えませんが、「しぼりたて 千代乃花」揖斐川を買うことができました。
f:id:Tag-arch:20170720001808j:plain
小さいカップに入った酒粕もおまけに付けてくれました♪

揖斐川のお味は、ふくよかな米の旨味と香り、キリッとしていてすっきりしてました。
香りは控えめ、キレが良いので、食中酒としても良いと思います♪

人気銘柄の「射美(いび)」は、香り高く甘味がもっとある印象だったので、ちょっと意外だった。
一つの蔵で違った味や香りが出せるところが、日本酒の奥深く面白いところですよね~。
「射美(いび)」は、今度手に入った時にアップしたいと思います。
こちらもまた美味しいお酒です♪

ちなみにこちらの「冨久屋(ふくや)」さんの裏に、美味しい洋食屋さんがありましたよ!
f:id:Tag-arch:20170720001821j:plain

ランチ「ジンジャーポーク定食」
f:id:Tag-arch:20170720001643j:plain
エビフライと蟹クリームコロッケも付いてる!
これにライスとお味噌汁が付きます。
美味しかった~!
腹ごしらえに大満足でした♪

あと、おすすめスポットとして「両界山横蔵寺」
www.kankou-gifu.jp
キャンプの帰りに寄ったのですが、想像してたよりもはるかに素敵なお寺さんでした。
f:id:Tag-arch:20170720001816j:plain
煌びやかさはありませんが、厳かな感じでとても良かった。

紅葉が青々としていて、美しかった。
f:id:Tag-arch:20170720001813j:plain
秋に来てもキレイなんだろうな~。

約200年前に即身成仏したという妙心法師のミイラがあることでも有名なお寺です。
雨の日は、拝観できない時もあるそうです。
やっぱり湿気はあんまり良くないのかしら?

そして周辺には、ヤナも点在してて、夏に鮎料理を食べに気がてら、日本酒も買いに足を延ばしてみてはいかがでしょう?
他の酒蔵さんもこの辺に3つくらいあるようです!
いつかそちらにも行ってみたい♪