ゆらゆら日本酒ライフ in 名古屋

日本酒についてのあれやこれやを ゆらゆらと書いています

酒蔵開き * 御代櫻

なかなか桜、咲かないですね〜。
お花見日和は、来週ですかね。

先週末は、桜は桜でも、「御代桜 醸造さんの酒蔵開放に行ってきました!
miyozakura.blog108.fc2.com

御代桜酒造

岐阜県美濃加茂市にある酒蔵さんです。
www.miyozakura.co.jp
最寄駅は、JR「美濃太田
名鉄で「新鵜沼」まで行って、JR「鵜沼」に乗り換えか、JRで「岐阜」まで行って、高山本線に乗り換えが良い感じでした。
乗り換え面倒な方は、JRの特急ひだ号で一本で行けますよ。
駅からは徒歩約10分くらい。

明治二十六年の創業、百有余年。
現在も太田宿の面影を色濃く残す一角に、「御代桜醸造」はあります。
史実にも残るくらい、水が清らかで、酒造りに適した土地なんだそうです!

「御代櫻(みよざくら)」、名前の由来は、

銘柄の『御代櫻(みよざくら)』は、古来から日本人が愛してきた桜の花の五弁花を日本酒の『甘・辛・酸・苦・渋』の五味五感の調和の象徴として、また八重咲きの桜である十弁花を酒の十徳を表すものとして、酒造に携わる幸せを桜に託し、日本民族の未来永劫の弥栄を祈念して命名されました。
- 御代桜HPより引用 -

 

さて、先週日曜日の酒蔵開放は、小雨が降ってて、ちょっと寒かったですが、会場入り口で、温かい甘酒を振舞っていただき、温まりました♪
あと、地元の人気イタリアン居酒屋『Ikki』さんの、トマトベースのミネストローネスープも、温かくて野菜たっぷりで、美味しかったです!

そして、楽しみにしていた『SAKE BAR みよざくら』
f:id:Tag-arch:20170327222213j:plain

中はジャズが流れていて、オシャレな感じ。
照明とかも、BARの雰囲気で素敵でした♪

DJブースがあって、途中からクラブみたいな雰囲気になって、びっくりしましたw
f:id:Tag-arch:20170327222210j:plain
年配の方などは、ちょっとキョトンとしていた。
何事かと思いますよねw
新しいことに挑戦している若い世代が多い酒造さんなんだな~と思い、なんだか嬉しくなりました。
これからの酒造りにも、新しい風を吹かせてくれそうで、期待大です!

試飲できるお酒のラインナップは、8種類。
f:id:Tag-arch:20170327222212j:plain
銘柄は「御代櫻」と「津島屋」が入り混じった感じでした。
f:id:Tag-arch:20170327222211j:plain
売店での販売は、「御代櫻」のみ。
もともと「津島屋」は、蔵では販売していなく、特約販売登録店でしか買えません。
試飲ができただけでも、ラッキーですね♪

試飲は、専用グラス(¥100)を購入して、一杯ずつキャッシュオン。
f:id:Tag-arch:20170327224553j:plain
御代櫻のロゴが入っていて、デザインも素敵!
¥100は、安い!

もちろん、8種類全部いただきました♪
ざっくりとですが、「津島屋」の方が、酸味があって爽やかな印象。
「御代櫻」は、華やかで香りが良いキレイなお酒の印象を受けました。

その場で、瓶詰めしてくれる「御代櫻 しぼりたて」を購入。
f:id:Tag-arch:20170327222209j:plain
感想は、また後日レビューします!

この日は、雨が降っていたので、ちょっとあまり外を見なかったんですが、「酒蔵マルシェ」として、出店もいろいろありました。
軽トラック市場で、野菜や果物の産直販売や、ジャムなども売ってたようです。

この他にも、太田宿中山道会館のお休み処『やどりぎ』では、特別な粕汁定食がこの期間限定であったり、重要文化財の『旧太田宿脇本陣林家邸宅』が無料開放されていたりしてたようです。

全体的に「~ようです。」で、すみません。。
雨降ってたし、お酒飲んでたら、もうほとんど終わってた。。

晴れていたら、その辺もウロウロ探索したりするのも、楽しかったんだろうな~と思います。
来年は、晴れるといいですね~!
そしてお花見も、晴れるといいな~!!